top of page
Your Photography Blog
検索

赤ちゃんの“赤” / 写真分析



こんにちは^^

神奈川・横浜を中心に関東近郊出張撮影をしてます、【Your Photography】のReiriです。


今回のblogは、TOPの写真についての『写真分析』を書いてみようかなと思います。

常々思っているのですが、ただ写真を撮るだけなら機械だってできてしまうので、『人間がカメラという機械を使って写真を撮る』ということに意味を持っていたい、のです。

撮影者が意志ある人間で、目の前の瞬間を残したいと思うからこそカメラのシャッターは切られます。そして、その瞬間を残したいと思うのには理由があって、その理由が写真を見る人に伝わるように、撮影者はカメラの機能を駆使しながら『表現する』ことを試みます。

瞬きをする、そのくらいの僅かな一瞬に、撮影者の意図を込めて表現する、……写真とは、その一瞬に自分の価値観や人間性や技術やあれやこれやがぎゅぎゅぎゅっと表れてしまうもの。咄嗟に、とか、何となく、で撮ってしまうこともありますが、そこには必ず理由もあります。

写真を『分析する』ということは、『何を撮ろうとしたのか』、『何故こう撮ったのか』、『何を伝えたいのか』等々の『理由』を客観的に整理して言語化していくこと、です。一瞬に込めたあれやこれやを言葉できちんと規定していくことで、それらは自分の中にちゃんと技術として、根拠として、信念として蓄積されていくと思っています。


こちらの写真は、少し定石とは違う撮り方をしています。

まず被写体の顔が見えないし、ピントは顔ではなく手に合わせています。アングルも正面からではなく、寝ている赤ちゃんの足元側から撮っている。Babyの写真、と言ってすぐイメージされる写真とは、少し趣が異なるものではあると思います。

でも、この写真は私の狙った通りに撮れたものでした。

前述の通り、私の写真は『人間がカメラという機械を使って撮る』ということに意味を持っていたい。

カメラは機械なので、ただシャッターを押すだけならすべてが克明に記録されるだけ、です。でも、【Your Photography】が撮るのは『あなたの為の、あなたの写真』であって、ただの『記録』だけで終わるような写真ではいたくない。

私がこの時意識したのは、『記憶っぽい写真』にすることでした。

人の記憶は、すべてを克明に憶えておくことはできません。

でも、その割に人の目自体は案外色んなものを見ていて、視界に入る膨大な情報量の中から自分にとって必要なものだけを抽出できたりします。

同じ景色を見ても人によって見るところが違ったり、雑踏の中でも自分の知ってる人は見付けられたり、恋をすればその人だけやたらとキラキラ見えていたり、等々。この辺、視覚情報を処理する過程で完全に主観や感情が影響していたりする訳です。

カメラは機械なので、そういう忖度がありません。ただシャッターを押すだけならば、目の前のものを平均的に、機械的に記録するだけ。なので、カメラの中の機能やレンズの効果を用いて『人の目が見た景色』に近づけた表現を試みます。


この写真の撮影で使用したレンズは単焦点の50㎜。これは、最も人の視野に近い焦点距離と言われます。

そしてアングルと構図。寝そべって下から見上げるアングルは、Babyと一緒に寝転んでいる視点です。例えばそれは、寝かしつけをするパパやママの視界の再現に近いものだったりするかも知れません。ふと顔を上げたその瞬間、というようなストーリー性を持たせるならば、その視界にすべてを整理してフレーミングすると言うよりは、部分的にトリミングされたものの方がより『人の目で見た咄嗟の感じ』が表れます。

この時、Babyは泣いていました。全力で泣いて、『赤ちゃん』の名に違わぬ血潮の色を漲らせたその赤い肌がとても、とても生命力に溢れていました。赤ちゃんらしいその赤さを、少しマイルドに印象付けることができたのは単焦点レンズの明るさとボケ味のおかげです。

被写界深度をごくごく浅く、ピントの合う範囲を狭くすることで、全体が柔らかな印象になりました。写真においてピントは重要な要素ですが、全体にピントを合わせてしっかり撮ろうとするとどうしても無粋な『記録』になりがちです。人の記憶というものは、そんなにくっきりしていなくて、あやふやで、印象的な部分だけが残っていたりするものです。一部分だけにフォーカスして、生々しさは少しマイルドにして、全体に柔らかさのある表現にすることで、より『記憶っぽさ』や『人の目が見た景色』に近い感じが演出されました。


『記憶』はあやふやなものです。すべてを憶えておくことはできません。

でも、こういう写真がふとしたきっかけになって、関連する記憶や思い出、あるいは、感情、そういうものが呼び起こされることがあります。

赤ちゃんは成長し、こんなに真っ赤になって泣くことも少なくなり、手足も大きくなっていき、……変化していきます。ひとりで色んなことができるようになっていく、その成長を感じながら、ひとりでは何もできずただ泣くことしかできなかった赤ちゃんの頃、泣き声がするたびに起きて眠い目をこすりながらお世話をしていた頃のことを、パパやママは思い出したりする。


Babyという限られたシーズンの記憶を、いつか遠い未来で振り返れるように閉じ込めた写真が、この1枚です。

この1枚はきっと、パパやママの記憶にそっと重なる写真になると思っています。




Your Photography(ユア フォトグラフィ)

黒木れいり


閲覧数:29回0件のコメント

Comments


bottom of page